縁起が良い贈り物

お祝いの贈り物をする際、特に年配の人は、縁起にこだわる人がいます。ここでは、胡蝶蘭から少し外れて、贈り物に相応しい縁起物や注意点についてご説明したいと思います。

まず、縁起が良い食べ物としてお餅が挙げられます。お餅には神様が宿っていると言われています。1歳の誕生日で一升餅が贈られるのは、縁起担ぎで一生食べ物に困らないように、餅が丸い形から、円満な人生を歩めるようになどと言った意味が込められています。
また、ふくろうや招き猫の置物も縁起物の贈り物として人気があります。ふくろうには、不苦労という当て字が使われる事から一生苦労をしない、また、ふくろうは360度首が回る事から、借金で首が回らない事が無いよう金運効果への願いを込めて、選ばれています。
招き猫では、招いている手が右手の場合は、雄猫で金運を招き、左手の場合は雌猫で人を呼び込む意味を象徴しています。商売繁盛を目的としてお店などに置かれています。

注意点では、開店祝いでは、ライターや灰皿、キャンドルなどの火を連想させるものや色は避けます。長寿祝いでは、苦や死を連想させる数字や物は避けます。結婚祝いでは、切れる、割れるなどを連想させる刃物や、偶数の数は避けます。

贈り物をする際は気持ちが一番ですが、最低限のマナーは守り、喜んでもらえるような物を選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

胡蝶蘭を贈る際のマナー

胡蝶蘭を贈る際、最低限気を付けなければならない事があります。ここでは、胡蝶蘭を贈る際のマナーについてご説明します。

まず、贈るタイミングに気を付けなければなりません。お祝いの内容によっても異なります。贈る時期としては、開店や開業、開院の際はオープンする前日、昇進では、正式な辞令が発表されてから1週間以内、就任では就任日や就任式の当日、新築祝いでは、お披露目する前日、または新築されてから1週間以内、選挙などの当選祝いでは、正式に当選が確定、発表されてからとなります。また贈る際は、木札を付けるようにします。

相手が一目見て、誰からの頂きものかわかるようにします。ビジネスで送る場合は、会社名なども入れると宣伝やアピールにもなります。その他に、奇数の本数を贈るようにします。お祝い事では、割れない数を贈る事が基本です。最も多いのが、3本立ての胡蝶蘭ですが、ゴージャスに見せたい場合は、5本立てを選ぶと良いでしょう。最後に、お祝いのメッセージを添えるようにします。お店によっては、サービスで言葉を添えられるところもあります。自分の言葉を文面にしてお祝の言葉を伝える事で、より誠実さが伝わります。また、胡蝶蘭専門ショップではラッピングや紙札、メッセージカードが無料で対応してもらえたり、木札などの高級タイプでも千円ほどで用意してもらえるところもありますので利用してみてはいかがでしょうか。

推奨サイト・・・胡蝶蘭販売業者[オーキッドスタイル]

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

胡蝶蘭が選ばれる理由

お祝の贈り物と言っても、どんなタイミングでどういった物を贈ればいいのか悩むところであります。贈り物に困った時、一般的に無難とされ、失敗しない物の一つとして胡蝶蘭が挙げられます。ここでは、胡蝶蘭が選ばれる理由をご説明します。

胡蝶蘭が選ばれる理由として、胡蝶蘭の花言葉が縁起が良いから、という理由が挙げられます。胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくる、根付く、と言う意味があります。2つの意味を合わせる事で、幸福が根付くとなり、非常に縁起の良い贈り物になります。次に、花粉や香りが少なく、長持ちするという点が挙げられます。飲食店や病院などでは、基本的に花粉や香りに強いものはNGとなります。また、飲食店や病院でなくても、花粉や香りを気にする人は多くいます。そういう意味ではどんなシーンでも、相手に気兼ねなく贈れる花です。更に、簡単なお手入れで2、3か月以上持ちます。他の花よりも長い期間、鑑賞を楽しむ事が出来ます。他にも、胡蝶蘭は一年中栽培されているので、季節を問わず贈る事が出来るのです。

胡蝶蘭は上記のような理由から、一般的なお祝の他に、開店祝いや開業祝い、開院祝いなどでも良く贈られる花です。見た目も立派で華やかですので、非常に喜ばれるお花です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket