胡蝶蘭を贈る際のマナー

胡蝶蘭を贈る際、最低限気を付けなければならない事があります。ここでは、胡蝶蘭を贈る際のマナーについてご説明します。

まず、贈るタイミングに気を付けなければなりません。お祝いの内容によっても異なります。贈る時期としては、開店や開業、開院の際はオープンする前日、昇進では、正式な辞令が発表されてから1週間以内、就任では就任日や就任式の当日、新築祝いでは、お披露目する前日、または新築されてから1週間以内、選挙などの当選祝いでは、正式に当選が確定、発表されてからとなります。また贈る際は、木札を付けるようにします。

相手が一目見て、誰からの頂きものかわかるようにします。ビジネスで送る場合は、会社名なども入れると宣伝やアピールにもなります。その他に、奇数の本数を贈るようにします。お祝い事では、割れない数を贈る事が基本です。最も多いのが、3本立ての胡蝶蘭ですが、ゴージャスに見せたい場合は、5本立てを選ぶと良いでしょう。最後に、お祝いのメッセージを添えるようにします。お店によっては、サービスで言葉を添えられるところもあります。自分の言葉を文面にしてお祝の言葉を伝える事で、より誠実さが伝わります。また、胡蝶蘭専門ショップではラッピングや紙札、メッセージカードが無料で対応してもらえたり、木札などの高級タイプでも千円ほどで用意してもらえるところもありますので利用してみてはいかがでしょうか。

推奨サイト・・・胡蝶蘭販売業者[オーキッドスタイル]

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket